×
注目ワード:
Q.
ペットの鳴き声が外に漏れて
近所迷惑なっているか気になります。
どうしたらいいの?
A.
遮音
カーテンが
おすすめです
涼しやレース
遮音カーテンは、車の騒音や踏み切り音など、室外から室内への騒音を抑え、ペットの鳴き声などの室内から室外への迷惑音を軽減します。
遮音の特長/効果
遮音の特長/効果
生地裏面にコーティング、及びラミネート加工を施すことで、一般ドレープに比べ比較的高い遮音効果があります。
外部からの騒音の緩和、特に高音域に対して効果があります。室内から室外への音も緩和されるため、ペットを飼われる方にもおすすめします。
透過損失と人間の耳への聞こえ方
透過損失と人間の耳への聞こえ方
透過損失とは、音が物質を通り抜ける時に失われる音の大きさ(dB・デシベル)のことです。
一般的に、10dBの透過損失があると、人間の耳には音の大きさが半分になったと感じられます。音のエネルギーは1/10に減少します。
また、高周波数(高い音)に対して高い遮音性能を発揮します。
遮音カーテンと一般カーテン比較グラフ
高周波数の比較グラフ
■透過損失(dB)と感覚の関係
透過損失 感覚 音のエネルギー
5dB 静かになったと感じる 1/3に減少
10dB 音がほぼ半減して聞こえる 1/10に減少
15dB かなり小さく感じる 1/30に減少
20dB 非常に小さく感じる 1/100に減少
使用上のご注意
使用上のご注意
ONE POINT
ワンポイント
遮音カーテンは音を「緩和する」ものです
遮音カーテンは音を「完全遮断」するのではなく、あくまでも「緩和する」ものです。
カーテン自体の性能はあくまでも補助的なものであるため、防音効果は他の内装材や建築矩体、サッシにより大きく左右されます。
遮音カーテン PICKUP
音をコントロールする!吸音カーテン
ピアノ室やホームシアターなど、音響に関わる空間におすすめです。
吸音カーテンの特長
シンコール「Melodia」のニューウィンザー、スワーベはパイル織物のため、一般ドレープに比べて比較的高い吸音効果があります。
以下のような、音環境を整えたい空間におすすめします。
■音が反響して聞き取りにくい空間
内装の仕上げ材が塗装や石材、タイル等固いものばかりだと、音が反響してしまします。
吸音効果が高いカーテンをかける事によって、残響を抑えることができます。
■よりよい音響効果が必要な効果
スタジオ、音楽室、オーディオルームなど、よりよい音環境を求められる空間にかければ、残響をおさえる調音効果があります。
吸音率について
吸音性能は通常、吸音率で表示されます。
吸音材の背後に空気層を設けることでよりいっそうの吸音効果が得られます。
吸音率で1.00という数字は該当する周波数で完全に吸音したことを示しています。1.00以下で、高い数字ほど、吸音率が良い事になります。(通常では1.00以上の数値は算出されません。)一般的に高周波の音は吸音されやすく、低周波の音は吸音されにくいという特性があります。
吸音カーテン比較グラフ
サンゲツサンゲツ リリカラリリカラ シンコールシンコール 東リ東リ 川島織物川島織物 スミノエスミノエ タチカワブラインドタチカワブラインド